仮設住宅:6割強が集約へ…空室増加で、被災24市町村(毎日新聞)

東日本大震災被災者向けの仮設住宅を建設した岩手・宮城両県の沿岸24市町村のうち6割強の16市町村が、仮設を集約する方針であることが毎日新聞のアンケートで分かったそうです。

20130123_4
→『仮設住宅:6割強が集約へ…空室増加で、被災24市町村』
http://mainichi.jp/select/news/20140119k0000m040096000c.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です