「親しみやすさ」か「旧来の字名」か… 開成町南部の地名存廃論争続く/神奈川(カナロコ)

神奈川県足柄上郡の開成町が区画整理事業を進めている南部地区の住居表示を「みなみ」に決めたことをめぐり、地元の歴史研究家らが旧来の字名存続を訴えているそうです。

20130128_3

→『「親しみやすさ」か「旧来の字名」か… 開成町南部の地名存廃論争続く/神奈川』
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1401070015/

 

 


日本史が面白くなる「地名」の秘密 (歴史新書)
八幡 和郎 (著)
by amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です