建築当初から劇場兼用構想 宝塚歌劇初演、100年前のプール(神戸新聞NEXT)

宝塚歌劇団が100年前に初公演をした娯楽施設「パラダイス」は、室内プールの経営不振により劇場に転用したとされてきたそうですが、実は建築当初から劇場の機能を併せ持つように設計されていたことが京都華頂大の川島智生教授(建築史)らの研究で分かったそうです。

20130406_1

→『建築当初から劇場兼用構想 宝塚歌劇初演、100年前のプール』
http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/takaraduka/infomation/201404/0006826356.shtml

 

 


岩崎平太郎の仕事: 近代・奈良の建築家
川島智生 (著)
by amazon.co.jp

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です