気仙沼市が挑む“未来志向の創造的復興” /スマートシティの取り組み(日経スマートシティコンソーシアム)

太平洋に面し、内陸には緑の山々が広がる宮城県気仙沼市で、スマートシティの取り組みが具体化しつつあるそうで、震災後に始まった「赤岩港 エコ水産加工団地 プロジェクト」と「気仙沼 木質バイオマスエネルギー事業」の2つのプロジェクトについて取り上げた記事が日経スマートシティコンソーシアムにて公開されています。

20140608_1

→『第8回「気仙沼市が挑む“未来志向の創造的復興”(前編)~新電力と連携したデマンドレスポンスで、水産加工団地のエネルギーコストを削減」』
http://bizgate.nikkei.co.jp/smartcity/challenge/001583.html

 

→『第9回「気仙沼市が挑む“未来志向の創造的復興”(後編)~地域循環型エネルギーで山も海も豊かに」』
http://bizgate.nikkei.co.jp/smartcity/challenge/001594.html

 

 


図解 スマートシティ・環境未来都市 早わかり (1時間でわかる)
白井信雄 (著)
by amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です